読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治記者Xの備忘録

官邸、自民党、財務省などの記者クラブを経験。マスコミで書けないネタを書いていきます。

小池都知事の最大の敵は自民党都連ではなく、トランプ大統領

政治記者Xです。

真実は報道されないことのなかにある。

 

「トランプ大統領も就任したら大人しくなる」なんて声がありましたが、全くそんなことはなさそうです。イスラム教徒の入国禁止など、さっそくやらかしてくれています。この調子ですと、まだまだ、やらかしてくれるでしょう。

 

このトランプ大統領の「活躍」に最も心を痛めているのは、恐らく小池都知事だと思います。というのも、小池都知事はテレビのワイドショーで、対立を面白おかしく取り上げてもらうのが、頼みの綱だからです。夏の都議選まで、なんとか自民党都連との対立を引っ張って、テレビでやってもらうしかない。

 

ところが、ここに来てのトランプ大統領の存在感。昨日あたりからのテレビの番組表を眺めてみると、小池都知事の話題は全くと言っていいほど、見られない。

 

ニュース番組や情報番組というのは、政治ニュースだけを重ねて取り上げたくはないものです。これは視聴率対策という意味もありますが、社内派閥的な意味合いもあります。政治部と社会部は、完全に別派閥。しかも、あまり仲の良くない派閥です。片方の派閥の取り扱うニュースばかり固めたくないというのが、会社員的なバランス感覚な訳です。

 

トランプ大統領は、政治部の取り扱い案件です。しかも、食傷気味の小池都知事のネタよりも、トランプ大統領の方が「面白い」。これで、トランプ大統領で視聴率が取れるということが確定的になれば、小池都知事の話は、傍に追いやられることになる。

 

なんとかトランプ大統領に大人しくしていてほしい。それは小池都知事と「都民ファーストの会」にとって、最も切実な願いになるかもしれません。