読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治記者Xの備忘録

官邸、自民党、財務省などの記者クラブを経験。マスコミで書けないネタを書いていきます。

電通、テレビ局、五輪、本当の関係

政治記者Xです。

真実は報道されないことのなかにある。

 

 

ということで、電通、テレビ局、そしてオリンピック。本当は、どういう関係にあるのかを書きます。これは大手メディアはどこも書けないことですね。ネットのいいところです。

 

サッカーのW杯とか五輪が近づくと、テレビ局では編成部から現場の番組制作部門に「お達し」が来ます。「オリンピックを盛り上げる企画を放送するように」。これは五輪に限らず、古くは地上波のデジタル化など、「国策」あるいは「業界あげて」実現しようとする案件があるときには、必ずといっていいほど、お達しが来ます。つまり、否定的なことは、極めて言いづらいわけです。

 

電通に言われなくても、五輪はテレビ局自身も、多額の放映権料を払って、放送します。

 

つまり、テレビ局員は「ジャーナリスト」であるよりも、遥かに前に、「サラリーマン」ですから、オリンピックに否定的なことを言うのは凄まじい勇気が必要です。そんな会社員はいません。テレビ局は新卒から定年まで、入社した従業員の9割以上が終身雇用されるという企業体です。

 

なので、既存の大手メディアで根本的な五輪への疑問が起こるはずがありません。五輪の費用を大幅に削減する。あるいはそもそも、なぜ東京でオリンピックをやらなくてはいけないのか。そんな問いかけが、既存のメディア空間でなされるはずはないのです。